トップページ > 顔、ほほ、まぶたのたるみ> 目の下たるみマッサージ

目の下たるみマッサージ

マッサージをすると、目元の代謝が高まって、目の下のたるみを軽減することができます。マッサージは目の下のたるみを予防し、 皮下脂肪をつきにくくします。あまり力を入れすぎると逆効果になりますが、マッサージは血行をよくして新陳代謝を促すので、大切なのです。 肌が正しくターンオーバーを行うようになり、たるみの原因の皮下脂肪もつきにくくなるのです。

マッサージは、こめかみから目の下にかけて、指の腹で押すような感じでしてみましょう。目の下から今度は目の上をとおり、 こめかみに戻ったら、そこを少し押すようにすると、血流を正常にもできます。また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、 目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。

表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。 眉を上げてみたり、目元に力を入れてみたりと日頃使わない筋肉に力を入れてみるのも目の下のたるみに効果的です。 ただし皮膚の薄い方の場合はちりめんジワの原因にもなるので、保湿を十分にしてから行うことをお勧めします。また化粧水などをつけるときに、 目の周囲を軽くたたくようにすると、血行促進に効果があります。とてもデリケートな目の下は、 強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。


【 お肌のためのワンポイント知識 TOPへ戻る 】